« カレンダー »

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

« プロフィール »


moguさん
  • Author:moguさん
  • 命をかけて、
    大嫌いな奴らを救いに行くのさ。

« カテゴリー »

« ツイッター »

« 月別アーカイブ »

« ブログ内検索 »


« ブロとも申請フォーム »

« リンク »

« count »

« 最近のトラックバック »

« 最近のコメント »

« Link »

縁側の茶話様

萌駅様

二次元見聞録

POWER LIFE様

 » Entries.

 » ぞんび

ライフ・アフター・ベスって観たかったゾンビ映画を観ました。
こんばんわ。moguraです。

蛇に噛まれて恋人が死に、葬式をして、
意気消沈のザック(デインデハーン)だったけど、
次の日に彼女の実家の中にベス(恋人)がいる姿を発見。

最初は少し記憶障害がある程度だったけど、
徐々にゾンビ化していく彼女。
周りにも何年も会わなかった配達員が現れたり、
行動がおかしいレストランの店員がいたり、
少しずつ町がゾンビだらけになっていくってのは面白かったです。

後半からいっきにゾンビラッシュで町が壊滅状態になって、
ザックは恋人のベスに死ぬ前伝えたかった事を言う為、
彼女がずっと行きたがっていたハイキングにでかける事に。

ベスが父親を食べてしまった事から、
母親がオーブンに縛り付けた状態にしているんですが、
海外のでかいオーブンで100kg近くあるのを背負ったままでかけるんですよ。
家を出たらザックの兄が銃をつきつけて殺そうとするシーンの台詞

「撃つな兄貴!オーブン背負ってるだろ!ハイキングに行くんだ!」

いや、そのままの台詞なんですが、何言ってんだよ(笑)っていう。
ザックはリュックを背負い、
彼女はオーブンを背負った状態で山を登っていくシーンはシュールな映像でした。
コメディコメディした作品でもなくて、
割と全体的に静かな作品ではありましたが、
ゾンビ映画の中では割と良かったかなと。

2016/02/07 (日) / 20:45

なもい / HOME / えふぃ

コメント

 » コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 

 » トラックバック

HOME

++ copyright(c)RemonsanProject.allRightsReserved. ++

++ Reprinting the image which appears at this site, and a sentence without notice is prohibited. ++